「むれ子」が千葉県内の海岸をウロウロ徘徊してます。


by takavy412

光り輝くものたち②

光り輝くもの、もうひとつありました。
過去に海や散歩道で拾い集めたビー玉やおはじき。
これらにも片っ端からブラックライトを当てていったら、ひとつだけ光るものを発見。

大玉のビー玉。
元の色は黄色いです。
c0120316_08502588.jpg

これにブラックライトを当てると
c0120316_08505849.jpg
オレンジ色に光りました。

お?
これもウランガラスか?
しかし一般的なウランガラスは黄色く光るのですが、これはオレンジ色。

調べてみると、オレンジ色に光るのはウランではなく、マンガンが入ってるからだそう。
ウランガラスではないですが、蛍光するガラスはどれも美しいですよね。(^-^)

[PR]
# by takavy412 | 2016-09-30 08:46 | 磯乞食
ある日。
何気なく目の前にある箱をポチポチしていたら、気になる記事を見つけた。
銚子産の琥珀にブルーアンバーがある、と。

ブルーアンバーとは、紫外線に当てると青く光る琥珀のこと。
ドミニカ共和国産がほとんどだそうですが、国産の琥珀でも青く光るものがあるそうです。

私の手元には銚子産の琥珀原石がふたつ。
c0120316_22512554.jpg

宝石として流通している琥珀は偽物がけっこうあるらしいのですが、これは私が産地で見つけた天然ものなので間違いなく本物の琥珀。
真偽のほどは問題なし。
そしてブルーアンバーか否か、これは調べないわけにはいかないでしょう。
というわけで、早速電気屋に行ってブラックライトを購入。
手持ちの琥珀に当ててみると。

c0120316_15195894.jpg
c0120316_15201983.jpg
おお!なんということでしょう!
見事に青く光りましたよ。
千葉県産の漂着琥珀がブルーアンバーだったとは。
ただただ感動です。

漂着琥珀をお持ちの方、是非ブラックライトに当ててみてください。
もしかしたらブルーアンバーかも知れませんよ。

琥珀が光って面白くなった私は、手持ちのガラスびんの中にウランガラスがないか気になり、片っ端からブラックライトを当ててみました。
そうしたら数年前に南房総の海岸で拾ったベーゴマ型のペロペロ(昔の砂糖菓子)容器が光った!
c0120316_15335337.jpg

元の色は薄い緑色です。
c0120316_08331421.jpg
置き方を間違えるとうんこにしか見えなくなるやつです。(笑)

このような色のガラスびんやビー玉は過去に拾ったり骨董市などで購入したりで家に沢山あるのですが、光ったのはこれだけでした。
やっぱりウランガラスは少ないです。

憧れのウランガラス、知らなかっただけでずっと家にあったんですね。
思わぬことが判明して嬉しいです。(^-^)

[PR]
# by takavy412 | 2016-09-25 15:13 | 磯乞食
今日は九十九里方面に用事があって夫と出掛けました。
そこでどうせ行くならちょっと足を伸ばして海にエヘヘ…と夫にお願いしてみたら快くOKが出たので(感謝)、家から一番近い海へ。
ここはいつ行っても何もないのですが、海岸ウォーキングもいいなと思って。
…というのは建前で、本当は蒼い貝があったらいいなとかマメがあったらいいなとか邪念満載。

ひと通り歩いてみて結局蒼い貝もマメもなかったわけなのですが、ひとつ気になるものを拾って半信半疑で持ち帰る。
それがコレなんですけどね。
c0120316_22442749.jpg

これ、似てません?
見れば見るほどアレにしか見えません。
触った感じも質感ももうアレにしか。
でも、銚子ならいざ知らず、だだっ広い九十九里浜の中間地点ほどのこの場所にあるとは思えない。
この周辺にそのテの地層があるとも聞いたことがない。

でも、帰宅して2ヶ月前に銚子で拾ったアレ(本物)と並べてみても遜色ないくらいの出来。
c0120316_22512554.jpg
真偽のほどはいかに?

琥珀の見分け方はいくつかあるけれども、ブツに傷をつけずに一番手軽に出来る方法が食塩水に入れてみる、というもの。
琥珀は比重が軽いので、飽和食塩水に入れると浮くのだとか。
ガラスやプラスチック、人工樹脂は沈むんだそうです。

ふむふむ、なるほど。
試しにやってみますか。
いい機会なのでついでに2ヶ月前のブツも試してみましょう。

まずは真水に入れてみます。
c0120316_23041054.jpg
どちらも沈んでいます。

一度ブツを取り出し、飽和食塩水を作ります。
塩を入れかき混ぜる、を繰り返す。
そのうち溶けきらなくなった食塩が底に溜まってくるようになりました。
c0120316_23100843.jpg
準備万端。

さあ、入れてみましょう。
まずは2ヶ月前のブツをイン。
c0120316_23111699.jpg
はい、浮きました。
これは銚子産の天然琥珀なのでまあ想定内。

次は今日九十九里で拾ったブツ。
飽和食塩水にイン!
c0120316_23125543.jpg

!!!!!!!!!!!
浮いた!
c0120316_23143435.jpg
試しに再び真水に入れてみたら両方沈みました。
琥珀で確定ですねこれは。
なんでこんなところに琥珀が??

考えられるとすれば、銚子から遠路はるばるどんぶらこっこ?
それしか思いつかない。
でもここ、銚子から何十キロも離れているんだよ。
不思議なこともあるものですね。

[PR]
# by takavy412 | 2016-09-18 22:33 | 磯乞食

亀の恩返し的な

ウォーキングを日課にし始めてそろそろ1年。
最初はダイエット目的のウォーキングでしたが、大幅減量に成功し、太る前の体重に戻せました。
目標体重を達成したので現在は体型維持と健康のために何となく続けています。
土砂降り暴風とかでない限り毎日です。

毎日歩いていると様々な出会いがあります。
例えばカメ。
車道に出てくるがゆえに車に轢かれて無残な姿になったカメを見る機会も多く、カメ飼いの私はそのたび心を痛めていました。
今日は田んぼから車道に出てきて走っている車スレスレのところを歩いているカメを発見。
c0120316_23121405.jpg
このままじゃ踏まれる、ということで即捕獲。
車の来ない安全な水場まで連れて行って放してきました。
達者で生きてくれ。

帰宅して夫を連れて海へ。
そこで見つけたのがこれ。
c0120316_23233711.jpg

写真だと分かりづらいかもだけどこれ、ブンブクの化石です。
c0120316_23250314.jpg
ウラ。

ウニ化石、初めて拾った!
見つけた時は思わず声を上げました。
見た感じ、オカメブンブクのようです。

カメを助けて早速いいことがありました。
皆さんも困ってるカメがいたら助けた方がイイですよ。きっといいことがあります。

[PR]
# by takavy412 | 2016-09-17 22:58 | 磯乞食

やっと念願の蟹

海水浴シーズンが始まる前、カニの化石が欲しくてカニの化石が拾えると有名な内房の海岸に週末ごとに通いつめていました。
が、ひとつも拾えないまま海水浴シーズンを迎え、海に行かれず悶々と日々を過ごしていました。
そして海水浴シーズンが終わって早々に行った内房の海岸でそれっぽいものを発見。
c0120316_23562027.jpeg
c0120316_23564387.jpeg
半信半疑で持ち帰ってきたけど、ハズレかな〜と思っていたら、SNSでカニの化石だと教えていただけました。
初のカニの化石。
嬉しい…けど、やっぱひと目でカニと分かるものが欲しい。

なので今日、探す場所を変えてみました。
完全ノーマークの場所だったので、本当に見つけられるのか半信半疑。
今日は珍しく夫が車から降りてきてしばらく一緒に海岸を歩いてたんだけど、暑いからって10分くらいで車に戻ってっちゃいました。
さみしい…。(´・ω・`)

で、例によってひとり磯乞食。
しばらく歩いていると、ずっと探し歩いていたものがふと目に入ってきた。
c0120316_00054174.jpeg
おおおお!
ザ・カニ!
これは誰が見ても分かる!
カニだ!

ひと歩きして見つけたカニの化石がこちら。
c0120316_00074330.jpeg
大漁!
今まで内房に通いつめてたのに見つけられなかった日々は一体なんだったのだろうか。

他にも
c0120316_00091855.jpeg
貝の化石とか

c0120316_00094289.jpeg
カシパンウニの化石。
これはもっと形が残っていたら良かったな。

c0120316_00104213.jpeg
貝の化石(内部瑪瑙化)

c0120316_00113086.jpeg
c0120316_00120545.jpeg
貝殻もちょこちょこ。

c0120316_00125112.jpeg
ドラゴンボール(星ひとつ)。
ドラゴンボール(漫画)好きの夫に(`・ω・´) ドヤァしながら渡したら渋い顔されたけど何でだろう。
おかしいなあ。

[PR]
# by takavy412 | 2016-09-10 22:48 | 磯乞食

手榴弾の墓場

今更ですが3月のお話。

3月の初めに行った5年ぶりの骨董市で見つけた陶器製の手榴弾。
第二次大戦の戦時中はガラスや金属など様々なものが不足し、それらの代用品に陶器が使われていました。
手榴弾も例外ではなく、陶器で作られた入れ物に火薬を入れたものでした。
そして戦争が終わってそれらが不要になり、大量に廃棄された手榴弾が現在も眠る場所が某県某市にあります。
近隣への配慮のため、くわしい場所はここには記しませんが、物凄く有名な場所のため、ちょっと調べれば出てきますよ。

で。
私達も3月の3連休で行ってきました。
c0120316_23162992.jpeg
なんとこれ全部手榴弾の欠片!
この中から完品を発掘すべく一日中、夫と二馬力で頑張ったのですが、現地のコンディションも私たちの装備も不充分だったため敢えなく撃沈。

ちょっと離れたところでもう何回も発掘に来ているというベテラン風味の男性がコンテナ一杯の完品をゲットしていました。
で、有り難いことにその男性が「初めて来てボウズじゃかわいそうだから」と山盛りコンテナの中から二つ分けてくれました。
c0120316_11284660.jpeg
ビギナーズラックはなかったけど、手ぶらで帰るなんて最悪パターンにならなくて本当に良かった!
本当にありがとうございました。

これから夏場はシーズンオフになるので、次のシーズンまでに不充分だった装備品もしっかり揃えて、ベテラン風味の男性からのアドバイスとこの日の敗因、反省点をしっかり復習しつつ、下調べもしっかりして秋のリベンジ戦に備えます!
そして次こそはこの手で完品を掘り当てたい!( `Д´)

※10月の3連休にリベンジ戦決行予定。

[PR]
# by takavy412 | 2016-07-31 11:11 | 遠征
トグロを拾ってちょうど3週間後の今日。
私はやはり馬鹿のひとつおぼえで銚子の海岸にいました。
c0120316_19274056.jpeg

潮回りが良くない上に満潮間近だったので大して期待せずにいたのですが、潮の満ちっぷりは私の想像以上で、いつも行く化石スポットは完全に水没。
期待してなかったとは言ってもまさかここまで満ちているとは思わなかったので、ガソリン代と高速代をはたいて片道3時間かけて行った私涙目。
でも、水没しちゃってるものはしょうがないので、目的と場所を変えることに。

先日夫から誕生日プレゼント(前倒し)でミニルーターを買ってもらったので、久々にサーフクラムを作りたいと思っていて、それの材料を調達することにしよう。

砂浜を歩いていると、ところどころに石炭が落ちている。
そういえば昔、博物館の職員さんが言ってたなあ。
石炭に白亜紀の琥珀が付いていることがあるんだよって。
見つけられたらラッキーだな、鮫の歯はダメだったし探してみるか。
落ちている石炭をひとつひとつひっくり返して確認していくと、1.5cmくらいの石炭に3ミリくらいの琥珀が付いているのを発見。
c0120316_11213101.png
おお、ちっちゃいけど白亜紀の琥珀だ。
ちょっと嬉しい。
ちっちゃな琥珀付きの石炭を大事にポケットにしまい、再び歩き始めた私の目に飛び込んできた光景。
c0120316_19073788.jpeg
(  Д ) ゜ ゜
うわあああああああなんじゃこりゃでけえええええ!!!

c0120316_19121985.jpeg
琥珀!
琥珀だよなこれ!
でけえええええ!!!

人工的な樹脂片では?とか劣化したスーパーボールか?とか色々疑ったけど、表面にコケムシやら母岩の欠片やらが付着しているので琥珀で間違いないかと。
つか、普通に落ちててビックリした。

興奮冷めやらぬまま、海岸徘徊再開。
今度は波打ち際を歩いていると奴が現れた。
c0120316_19223306.jpeg
おお、頭の部分がふっ飛んだイルカの耳骨ではないか。
クジラの耳骨はちょいちょい見かけるが、銚子でイルカの耳骨を拾うのは初めてだ。
頭がふっ飛んでるけど、銚子だったらこれでも状態はいい方だ。
c0120316_19264911.jpeg

デカイ琥珀は琥珀で間違いないとは思うけど、念のため、また後日博物館で見てもらってきます。
もし違っていたらここで皆さんにごめんなさいします。

【2016.7.17追記】
本日、博物館に持ち込み見ていただきました。
どちらも琥珀で確定です。

[PR]
# by takavy412 | 2016-07-16 18:37 | 磯乞食
銚子には比較的新しい新生代(約500万年前)の地層と千葉県内最古の白亜紀前期(約1億4500万年前)の地層があり、新生代の地層からはサメの歯や貝、海棲哺乳類(イルカやクジラなど)の骨の化石が、白亜紀の地層からは琥珀(樹液の化石)やアンモナイト、三角貝の化石が出ます。
カセキスキーの私、もちろん千葉県産の白亜紀のアンモナイトや琥珀に憧れはありますが、白亜紀の化石を得るには海岸にあるおびただしい数の転石からノジュール(化石の入った石)を見つけ出してハンマーなどで叩き割り、出てきた化石を壊さないように丁寧にクリーニングして…といったような、気力と体力のいる作業をこなさなくてはならないので、白亜紀の化石には手出しはしていません。

…が。
そのような手順をしなくていいのなら話は別です。
まさか白亜紀のノジュールから化石がコンニチハした状態で落ちているとは思いませんでした。
c0120316_0512622.jpg


まさかのアンモナイト。
半分しか残っていないですが、完全なる表面採取でこの状態だったらかなりいい方ではないでしょうか。

帰宅してから表面の付着物をはがしてきれいにしてみました。
c0120316_154377.jpg


化石部分のアップ。
c0120316_059196.jpg
右下の部分に「縫合線」と呼ばれるウネウネした部分があります。
縫合線、アンモナイトの特徴だそうです。

そしてよく見ると、ちゃんとトグロを巻いているのもわかります。
けっこう波に洗われちゃってて期待していませんでしたが、これは嬉しい。

c0120316_125363.png
こんな感じ。

標本ラベルはまだ作っていませんが、近々作成予定です。
種名を知りたいので、また博物館に行って見てもらってきます。

【2016.7.8追記】
博物館に持ち込みみていただきましたが、種の判別までには至らず。
博物館の研究員さんの知人に銚子のアンモナイトばかりを研究している方がいらっしゃるそうで、ありがたいことにその方に聞いていただけることになりました。

暫定的ですがやっと標本ラベルも作りました。
もし種名がわかったら差し替える予定。
c0120316_09173576.png


【2016.7.14更に追記】
お願いしてあったアンモナイトの同定が出来たとのことで博物館から連絡をいただきました。

すごい!
種名と時代が判明した!!
超感謝!ありがとうございます!

早速標本ラベルを差し替えます。
c0120316_00551035.jpeg

[PR]
# by takavy412 | 2016-06-30 01:16 | 磯乞食

珪化木

珪化木、木の化石のことです。
最近化石が大好物の私、海歩きを再開してから見かけたら拾うようにしています。
その珪化木、だいぶ数が集まってきました。
メガロドンの化石を鑑定してもらうのに博物館に行ったときに一緒に持ち込んで見てもらい、確定済みです。
c0120316_032458.jpg
ほとんどが内房の海岸で拾ったものです。
炭っぽいものやフローリング調のもの、マットな感じのものなど、同じ海岸から出たものなのに色や質感がかなり違うんですよね。
なんか不思議。

c0120316_061589.jpg
こちらは銚子の海岸で拾ったもの。
内房のものより小さくてスベスベしてますよ。

ちなみに。
6年前にこのブログで銚子の珪化木として紹介したやつは珪化木ではなかったことが発覚。
ショック&恥ずかしい。
まだ誰も見てない今のうちに該当記事はこっそり削除しておきましょう。

(゚∀゚)
[PR]
# by takavy412 | 2016-06-25 00:15 | 磯乞食
メガロドンの歯の化石を拾ってから2週間。
馬鹿のひとつおぼえでまたまた行って参りました、銚子。
片道3時間、千葉県内なのにちょっとした旅です。

この日は大潮!
しかもかなり引きのいい大潮!
こりゃ行かないわけにはいかないでしょ。

…って、あれ?
なんか違う。
で、調べてみた。
あれ、大潮じゃないじゃん。
私がずっと使っていた潮汐アプリでは大潮になっているのだけど。
どうやらアプリが馬鹿になっていて1週間ずれているということに今更気づく。

おおお!
なんてこった!
今まで大潮だと思って行っていた日はすべて大潮じゃなかったってことか!
ガックリ…。
だけどずっと行くって決めていたので今更引っ込みもつかず、とりあえず行ってみることに。

c0120316_9274549.jpg


この日はいい天気!
そして暑い!
灯台周りには人がわんさかおりましたよ。

そして化石ポイントに到着。
長靴に履き替えてクマデを持ち、ペットボトルの水を肩からかけて装備完了。
夫を車内に置いて早速散策開始。

や~それにしても暑い!
持ってきた水を飲みながら足場の悪い岩場をヨロヨロ徘徊する。
そして散策開始から1時間半が経過。
カルカリアスももちろんメガロドンも見つからない。
疲れてきたので潮の引いた水際にしゃがみこみ、持っていたクマデで近くの砂利をガリゴリかいてみた。
3回ぐらいかいたところで手を止める。

c0120316_9423286.jpg
…。
ん?

c0120316_9441033.jpg
あれ?
おやおや?

c0120316_9443950.jpg
なんかのサメの歯の化石あった!
私の持っていない種類のサメの歯だ!
(^◇^)やったーーーーーー手ぶら帰宅は免れた!!!(そこか

もっと粘れば更に数個追加できたかもしれないけど、今日のところは気が済んだので早々に撤収。
滞在時間正味2時間。
まあまた近いうちに行きますので。(ニヤリ

c0120316_9534070.jpg
大きさは2.5センチ。
形といい紫がかった色味といい、小さいけれど美しい。
しかもこれ、ここで産出される化石にしては珍しくしっかり歯根が残っている。
本当に美しい。惚れぼれ。

で、これは…。
アオザメの歯かしら?
いやいやワニザメの歯というセンも捨てきれない。
悩む、むむむ。
また博物館で聞いてこようか、それまではアオザメということで仮定しておこう。

c0120316_100434.jpg
暫定的に標本ラベルも作成。
種類が違っていたら差し替える予定。

c0120316_1015697.jpg
そして例によってアクリルケースに移動。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今回も夫を車に長時間放置の刑に処してしまいましたが。
今回はちゃんと夫孝行もしましたよ。
最近、昔の大河ドラマ「義経」にかぶれまくっている夫。
銚子にも義経伝説で言い伝えられているところがいくつかあって、そこにひとつづつ行って写真を撮ってくるツアーをしました。

c0120316_1082471.jpg
これは義経伝説ゆかりの地のひとつ、犬岩(いぬいわ)。
私が撮った写真、なんか写真が逆光だけどまあいいや。(笑)
夫はもちろん自分で気の済むまでたくさん撮ってますのでもうまんたいなのです。

夫、大喜び。
大興奮。
とうとう自分が義経の生まれ変わりだとか言い始める始末。
妻としてはいささか心配。(笑)

化石ポイントにも義経伝説ゆかりの場所があるようなのですが、そこの写真を撮るのを忘れてきたようなので、これはまた写真を撮りに行かないといけないよなあ。(ニヤリ

【2016.7.8追記】
先日、博物館にこれを持ち込み、見ていただきました。
ずっとアオザメかミズワニあたりだと思っていたのですが違っていて、カマヒレザメという聞き慣れない名前の鮫の歯だということが判明。
歯根の一部分が盛り上がっているのがカマヒレザメの特徴なのだそうです。
銚子産の鮫の歯化石の中ではレアな方なんだとか。

つか、これは運よく歯根が残ってたから分かったけど、歯根がなくなってるやつはアオザメと区別がつかないんじゃないかしら?
銚子の鮫の歯は歯根がないやつがほとんどなので、これも本当にラッキーでした。

ということで、標本ラベルを差し替えます。
c0120316_08581465.jpeg

[PR]
# by takavy412 | 2016-06-13 10:20 | 磯乞食